Story

OmniPeace(オムニピース)の設立は2005年。イベントプロデューサーとして活躍していたメアリー・ファナロの 「世界の貧困をこのままにしておくわけにはいかない」という情熱によって誕生しました。
Can Fashion Save Lives?
気に入ったブランドのアイテムを購入することが、貧困にさらされている人びとの生活を救うことにつながる!というコンセプトに、多くのハリウッドセレブが共感しました。
そして自らがOmniPeaceアイテムを着ることでブランドが広がるのであれば、とジェニファー・アニストンやコートニー・コックス、ケビン・コスナー、デヴィッド・ベッカム、シャロン・ストーンetc・・・と、錚々たる顔ぶれのセレブたちが愛用することになったのです。
今では、ファッション感度が高く社会的意識の強い人びとに支持されるブランドとして認知されています。
OmniPeaceは売上の一部を、Millennium Promise(ミレニアムプロミス※1)などのNPOを通して寄付し、アフリカの貧困撲滅や女性への虐待防止、子供たちの教育に役立てています。

Report

OmniPeaceは世界中の皆さんの協力を得て過去3年間で293,763ドル(約2700万円)の寄付を行っています。 そのうち231,613ドルの寄付金は、NPO法人Millennium Promise(ミレニアムプロミス)が計画する、2025年までにアフリカの貧困を撲滅するためのプログラムに使われています。 また、56,400ドルをかけてセネガルとマラウィに小学校を創設。コンゴには5,750ドルをかけて、紛争などで被害を受けた女性を救済するためのリハビリセンターを作りました。 OmniPeaceのこうした取り組みは、ファッションを愛する人々がOmniPeaceアイテムを心から支持してくれたこと、そしてOmniPeaceを身に付けたセレブリティのメディアへの積極的な露出という協力によって実現することができました。 これからも更なる貢献ができるよう、OmniPeaceはよりよい商品をつくり続けていきます。

Message

OmniPeaceの活動を支援してくれてきた全員の方に感謝しています。 また、まだの人々にはこれから参画いただけるようお願いしたいと思っています。 私は5年ほど前にOmniPeaceを始めました。それは私の命を結果的に救っただけでなく、 ほかの多くの人びとの人生を変え、命をも救っています。 皆さんにもできるはずです。 私たちの活動に参加してみてください。 きっと今まで知りえなかった喜びと幸せを感じられることでしょう。

from Mary Fanaro

Contact

お取引、採用、インターンシップ、取材などのお問い合わせはこちらからご連絡ください
info@omnipeace.jp

株式会社Piece to Peace
- Tokyo Office -
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル1F 36号室 03-6453-2522

OmniPeaceオンラインストア
以下にてお買い求めいただけます
www.piecepeace-shop.com